協力お願いします<(_ _)>

ネットで買い物♪

ママさん応援!

無料ブログはココログ

カテゴリー「書籍・雑誌」の記事

四季報発売中。あっ!ジェイコム男ことBNFさんの素顔は見たことありますか?

安いとき仕込んで、高いとき利食いする。

外国人が守ってきたこと。

安い時に仕込み、高い時売る。どうなるか分からず、心配が起こりそうな時、逃げる。

反面、日本の一般投資家がやってきたこと。安いところは買わない。高いところを買いに行き、下げたら売らないで持続し、持ち切れなくなるほど急落して追証がかかるころで仕方なくカットする。実際、これをやっていると、一生儲からない。

今後、外国人が日本株を買うのか、買わないのか、と考えることより、今後、日本株が上がれば外国人は買い、買うからまた上がる。儲けが出るなら外国資金はやってくる。つまり、政局よりも経済実態を見る。日本のファンダメンタルズを見て、景気好転があれば株高発生、つまり、安いところは買う可能性が生まれる。

8月、史上最高に売った外国資金。ただし、その理由が明確だった。一度資金を株式から引いた。今後、外国人は日本株の押し目買いが考えられる。

日本人は上値になって買うのではなく、ここで下値を買い、外国人と同じ行動をとることが大切。下げ過ぎた株が多くなっている。理由もなく下げる株がある。ポイントは、今後業績が着実に良くなる株を狙うことだ。

本日、四季報、会社情報が発売された。じっくり、秋の夜長の3連休、よく銘柄を見て、これからの物色対象を決めましょう。

会社四季報ワイド版 2007年4集秋号

※送料無料

←今すぐクリックして下さい(詳細はこちらへ)

あの個人投資家の”神”『ジェイコム男ことBNFさん』の素顔はみたことありますか?

私は見たことが無いんですが今日、初めて見ました。

なかなかいい男ではないか?(笑)

生で見たのではなく雑誌ですけどね。『ダイヤモンド・ZAⅰ(10)』という雑誌です。

私は個人投資家で尊敬しているのはBFNさんです。その次が三村雄太氏ですね。

やはりBNF氏は天才です!!現在、資産が175億・・・羨ましいですね。

三村氏は現在、資産5億に行っているそうですね。

私も彼らのように億トレーダーになりたいですが今の私の資金と荒れている相場には勝てませんね・・・

RSS

新興市場株で儲ける本は?

私が始めてトレーダーした時の最初に買った本はこれです。これは間違いなく儲ける手法です。全くリスクもありませんでした。オススメします。

リスクの少ない投資の参考

←『専業主婦になりたての5年前、元手100万円で株式投資をスタート。それが1年後に200万円、2年後に400万円、5年後に3200万円になった!山本流・株投資の極意とは。 』

あれから欲深くなってしまった私がもう少し稼ぎたいと思ってこの本を買ってこれはっと思ってやってみたが・・・

ある程度の技術がないと大ヤケドする投資方法です。

三村氏は30万から3億にした天才!本物の新興市場株の投資家ですが・・・彼は彼の投資手法ですから皆さんも決してマネしないようにして欲しいと思います。ある程度の技術を身に付いてからしてオススメしますが・・・ちょっとこれは勉強になると思います。何も彼のマネしなくでもこういうやり方もあるんだなと参考になるかも!?

リスクの高い投資の参考

←『年と3か月で30万円を3億円に! 平凡な大学生がネット株で儲けられるようになったヒストリーから、具体的な手法、銘柄選びのコツ、売買パターンなどを余すところなく解説する。 』

これも人気があった為、第二弾が出ましたので買ってみました。

これは損きりが一番大事である事を忘れてはならないという内容ですので中々、面白い本です。オススメします。

←『短期投資は損切りが命! デイトレで30万円を3億円にした大学生、三村クンが、その秘術を教えます。相場に触れる前に知っておきたいデイトレードの基礎知識も満載。』

どれもこれも儲けた~などの本ばかりじゃつまらないっと思っていた私でしたが・・・いつものように本屋に行ってみるとこんな本が出版されているんだなと思って帰ってからネットでこれを注文して今日、届きました!!!

タイトルが気になってちょっと立ち読みしたら面白そうでしたので買いました。

何故、損するか?何故、損きり出来ないのか?それも勉強する必要があると思いますし。これなら勉強なるかな???

先日、注文した本が届きました。

←『億単位の金を手に入れ、億単位の金をなくした体験から学んだ相場の知識とは? 3年間リアルタイムトレーダーとして戦いながら、毎日ブログ更新していた“うり坊”が、その真実の姿を明らかにする。

最後まで読んで頂き有り難うございます。

昨年の相場は激動の一年でしたね。昨年、初めて投資した方が痛い思いしたと思います。昨年はこのような本が出版されこの本の影響で株を始めた方が多く見られたと思います。昨年は運悪くライブドアショック・村上ショックなどの事件も多く相場は浮上のない日が続いた事もあり、新興市場株も半値以下となっている。どこまで底値なのか?不明のままどんどん下がっていく一方です。日経平均株価はまだまだパワーが衰えていませんが新興市場株は全くパワーが見られません。もうそろそろ転換してもいい頃なのにね・・・。

RSS

2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ネットでDVD&CD・BOOKで買い物♪

最近のトラックバック